スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スウェーデンのコンセントは,C型,220V,50HZである.従って原則的には,日本の電気製品は,変圧器を使わないと使用できない(誤って接続すると、火花と煙とともに瞬時に壊れてしまいます)。

コンセントの形を変えるアダプターおよびトランスは、日本では旅行用品店、成田空港の売店、ヨドバシカメラなどの電気製品店で購入できる。

パソコンやデジカメ、ビデオカメラなどで,100-240V,50/60Hzと書かれているものは,変圧器を使用せずにコンセントの形を変えるアダプターのみで使用可能。

同じ理由で,スウェーデンの電気製品は,日本では原則的には直接は使用できないが,ライト類は,コンセントの形を変えるアダプター(C型をA型にする物)を使用すれば,日本でも直接使用できる.しかし,この場合,電圧が1/2になるので,明るさは1/4になってしまう.ただ,クリスマスの山型の7つのキャンドルライトの場合は,本来付いている34V用の電球を,14V用の電球(スウェーデンで売っている)に換えれば,日本でも明るく使用できる.

「パソコンやデジカメ、ビデオカメラなどで,100-240V,50/60Hzと書かれているものは,変圧器を使用せずにコンセントの形を変えるアダプターのみで使用可能。」
とのことですが、正確にはコンセントに挿すところから変圧器までのコードは通常100Vまたは125Vまでしか対応していないため、現地の電気店や日本のAMAZONなどで240V 対応のC型プラグを用意したほうがよいと思われます。
Malmöでは、JME Dataというお店で売っていましたよ。一本500円くらいだったようです。

2010.04.18 19:48 URL | Baron #Wfdi2WIo [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/97-7055d322

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。