スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ストックホルムでは賃貸住宅の不足が深刻です。外国人が自力でアパートを探すのは非常に困難なため、事前に勤務先を通じて確保してもらうのが望ましいと思われます。VISAの申請の際に勤務先からの住居確保の書類を要求されることもあるようです。賃貸住宅の環境・程度・家賃は、住む地域によりまちまちです。こちらに来てからより良い物件を探す方法もありますが、不動産屋も売買中心で賃貸物件を取り扱っているところは少数なため、住み替えるのもけっして容易ではありません。できる限り渡航前に賃貸住宅を決めておくことをお勧めします。
一般的に賃貸物件には家具、家電(冷蔵庫、オーブン、レンジ等)、食器などが備え付けられています。

○University Accommodation Center AB (UAC)
University Accommodation Center AB (UAC) offers furnished apartments and rooms to foreign guest researchers and students at Karolinska Institutet, Stockholm University, the Royal Institute of Technology and Stockholm School of Economics.
http://www.uac.se/

※PhDを取得済みのストックホルムへの留学研究者の方
Wenner Gren Centerという外国人研究者向けのアパートがあります。12-14か月待ち(2009年1月時点)ですので、留学先を通じて早めにwaiting listに載せてもらう必要があります。
Wenner-Gren Centerhttp://www.swgc.org/guest-apartments.aspx

○学生用アパート
ストックホルムでは、SSSBという組織があります。
http://www.sssb.se
そのほか、Huge Fastigheter AB, Riksten, Svenska Bostäderなどの学生寮があるようです。

※Karolinska Institutetの[visiting resercher service]のaccomodationのページには上記のような施設のほかに、短期滞在目的のホテルなども紹介されており、有益な情報が掲載されています。
http://ki.se/ki/jsp/polopoly.jsp?d=750&a=1037&cid=752&l=en

○不動産会社など
http://bovision.se/Default.aspx
●セカンドハンドで借りる方法
ヨーロッパは1年2年と短期で海外に仕事や旅行でかけたりすることが多いようでそんな空き部屋を期限付き(多くは家具付き)で借りる。
http://www.bostaddirekt.com/  
上記のサイトに登録(登録料が1万円ほどかかる)し、サイト情報を携帯に受信設定する。 新しい物件が入るたびに電話をし、アポを取って見せてもらう。 
「自己紹介メール」 を要求されるので、事前に自分はだれか名なぜストックホルムにいるのか?(学校名 会社名)また家賃やデポジットが払える準備があること、いつからいつまでの賃貸をもとめるかなどを書くとよい。
※ストックホルム市内の家賃相場(2006年)1ベットルーム(キッチン+リビング+ベットルーム+バスルーム) 7000kr~10000kr、1ルーム(キッチン+リビング兼ベットルーム+バスルーム)5500kr~7000kr 
※契約する前の確認
セカンドハンドのアパートの契約はもともと住んでいる住人との個人的な契約になります。そのため自分たちで契約する前にいくつかの確認をします。
1.家賃はいつ振り込むのか?
(月初め?終わり?また相手の銀行口座番号?)
2.デポジットはいくらか?
(大抵は一か月分の家賃ほどです)
 またそのデポジットは最終月の家賃に当てることができるのか?(できないというときは退去後のデポジットの引き渡しに付いても話し合うこと、後日また会うのか?日本の口座へ手数料を払ってでも振り込んでもらえるのか?)
3.家具つきの場合は一緒に家具や食器などを見てまわり契約書に記載すること。(後のトラブルを防ぎます。)
4.ランドリールーム(多くは共用)の使い方、 部屋になにか不具合がないかなど聞くとよいです。 お湯の出方・ヒーターの管理(スウェーデンはセントラルヒーティング)など。
5.光熱費の払い方もおさえておく。たいていはヒーターは家賃込みですが、電気代は3ヶ月に一回の請求書が届きます。
セカンドハンドの場合、家賃に光熱費からその他インターネットまで全て込みということが良くあります。確認を重ねましょう。

○霞仙ストックホルム http://kasenstockholm.o-oku.jp/ストックホルムの日本人短期滞在者が時々お世話になっているスウェーデン在住20年の日本人通訳の方のHPです。スウェーデン、ストックホルムを拠点にした観光、視察、留学のコーディネート、ガイド、市中心部からアクセスに便利なアパートのゲストルームの貸出を行っています。

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.07.17 08:58  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/171-f4ef6c58

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。