スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
注意!2001年1月より施行された"Socialförsäkringslagen"という法律のため、一部の例外を除いて日本から留学している学生・研究者のほとんどは、社会保険事務所( Försakringskassan)に登録できなくなった模様です。正確には、EU以外の国から免税奨学金(stipend)を受けて一時滞在している外国人研究者・学生が今回の法改正の対象となっており、スウェーデンで給料・Doktrandtjänst (PhD Employment)・Utbildningsbidrag (Education Allowance) を支給されて所得税を払っている場合は、この限りではないとのことです。

【医療保険・PNあり】
医療保険については、地方自治体(Landstinget)の管轄で、こちらの登録は税務署(Skattemyndigheten)を通じて行われるので、社会保険事務所に登録されていなくてもパーソナルナンバーがもらえればスウェーデン人同様の割引が受けられるとのことです

【医療保険・PNなし】
以下のような保険会社があるそうです(投稿情報)
Nord Reseskydd http://www.nordreseskydd.se/
電話08-7678223 FAX08-7656797
※加入料:学生は3万円、それ以外10万円程度。

保険には病気の診察のほか初期の妊娠への定期健診へも対応できます。
~使い方~
1.病院で診察された際、「保険への申請のためのレシートと診断書をください」と
 初めに受付いいます。
2.その時の診療費は自分で払います。(診察前に支払い)
  (救急1000kr、その他診察400kr)
3.診察する医者にも「保険への申請のため診断書をください」と伝える。
4.診察終了後、診察費のレシートと診断書を持らう。
5.この書類のコピーを保険会社におくる。
6.後日保険会社から銀行の口座に振り込まれます。

☆保険への加入も、払い戻しも難しくはなく時間もかからずにスムーズに1~6まですすんで行きます。 ただし、保険会社によっては症状や処方に対応するものとしないものがあるようなので良く書類を読んでください。

【社会保障制度】
社会保険事務所ForsakringskassanHP(英語情報あり)

対象者は、住民登録後に社会保険事務所への登録をします.これは,疾病保険・住居手当等の社会保障を受けるために必要です.実際は,住民登録を行うと自動的に地方税務署から社会保険事務所にも連絡がいき,2ヶ月後くらいに事務所の方から書類が送られて来て(これは非対象者にも送られるようです),必要書類を添えて郵送すれば,社会保険事務所の登録は完了します.

社会保険事務所(Försäkringskassan)は各居住地域ごとにあり、最寄りの事務所で手続きが可能。
代表的な事務所
City:Klara Västra Kyrokogata 11, 1tr, Box 70345, 107 23 STOCKHOLM
Tel. 00771-524-080, Fax. 08-676 2299
ストックホルム中央駅正面出口を出て、Vasagatanを渡り、Hotel Terminusの裏手。
Huddinge:Kommunalvägen 1-5, 141 88 HUDDINGE
Tel. 08-676 3375(代表), Fax. 08-676 3388

【住居手当(Resident allowance)】
子供がいる家族あるいは、18-28歳でかつ、対象となる住居に住んでいることが条件。WGC居住者は対象外。

【両親保険(parental allowance)】
子供が8歳になるまでは,親は,総計で480日.1人の親が取得できるのは最大420日まで。ただし,父母が同時には取れない)の両親保険を申請することが出来る.最初の390日は給与の8割(最低額1日180kr が保証されており,もともと無職の場合はこの180krがもらえる(2005年時点)),後の90日は,1日60krがもらえる.いつ貰うかは,本人の自由であり,希望する時に申請することになる.従って,両親保険を希望する場合は,社会保険事務所への申請しなければならない(児童手当は本来申請不要).スウェーデンに6ヶ月以上滞在していれば申請する権利が生じるので,半年たつ少し前に申請に行くと良い.インターネットから申請できる。申込用紙に,希望する期間を書く欄があるので,半年が経過する日を記入すると良い.たぶん,子供が幼稚園に通っていようが,小学校に通っていようが,8歳未満ならもらえるはずである. 課税対象。
源泉徴収されるが,請求が遅れることがあり,この場合,帰国していても追いかけてくるようである.

【児童手当(Child allowance)】
※古い記述(2009年2月現在、納税者でないと受給できないようです)
スウェーデンに居住し、パーソナル番号があれば半年たてば,自動的に受給できることになっている.母親宛にポストジロ、または申請すれば,銀行口座振り込みでやってくる.来ない場合は,社会保険事務所に申請に行く.16歳未満の子どもに対して1人1050kr/月、3人以上いる場合には割り増しされます。非課税。スウェーデン滞在終了時に告知義務あり。

住居手当について。2012年現在、WGC居住者も住居手当をもらうことができるようです。申請してみることをお勧めします。

2014.02.05 12:26 URL | masaki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/166-849b6601

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。