スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夏至祭で有名な観光地であると同時に、スウェーデン人の心のふるさとである。
○Leksand,Tällberg,Mora等の町が有名である.Leksandはストックホルムから車で約3時間,Moraは4時間位である.
○Moraの15km程手前にNusnäsという所があり,ダーラナ馬製造の工場見学ができる.また,2割ほど安く買うことができ,5krで日付や名前を書いてくれる.(Nils Olsson Hemslöjd AB,TEL:0250-37200)
○Rättvikの夏至祭(教会ボート)も、なかなか趣がある。Rättvikの町自体も上品なリゾート地である。
○Moraにはスウェーデンの代表的画家であるAnders Zornの旧邸と美術館、スウェーデン織りなどを集めたテキスタイル博物館などがある。
~投稿情報~
Anders Zornは、どちらかと言うと、folkmusik(spelman)に関係が深く、Zorn M?rke(ソーンの認証バッチ、金・銀・銅があります)は民間伝承音楽関係者には大変な名誉となっています。
○Falunの郊外Sundbornにもう一人のスウェーデンを代表的画家であるCarl LarsonのCarl Larsson G?rden(アテリエと住居、隣にはStora Hyttn?sという別の庭園があります)がある。自然に囲まれたアトリエで、落ちついた雰囲気が心なごむ。
http://www.clg.se


~投稿情報~
Falunで忘れてならないのは、Koppargruvan。世界遺産(文化)です。Salaの銀山墟と同様銅山墟の探検ツアーがあります。
○夏至祭
夏至祭は,1ヶ所であるのではなく,シリアン湖を囲む至る所の村で行われている.規模の大きい物から小さい物までいろいろとあるようである.Leksandの中でも至る所でたくさんの夏至祭が行われている.よってどこが良いかはインフォメーションかホテルで情報を得て,行くところを選択すると良い.何ヶ所かをはしごすることは可能である.夏至祭は,Maypoleと呼ばれるポールを立てて,その周りで踊るというのや,バイオリン弾きと一緒に人々が行進するとか,シリアン湖に飾り付けた船でこぎ出るとかいうのからなる.6月20日に近い,金曜日が夏至前夜祭の日となり最も盛り上がる.夏至祭の期間、ホテルは前夜祭の前日から3泊4日のパターンでしか宿泊を受け付けないというような所もある.また,非常に混み,料金も3倍くらいに高くなるとの話であるが,私の泊まったモーラホテルは前日に予約したという人もいたし,満室でもなかった.
この地方のバスの便は非常に悪く,夏至祭の期間は運休する便もあり,何ヶ所かをはしごするつもりなら,自家用車またはレンタカーで行く方がよい.












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/130-22fd71fb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。