スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【母子保健】
MVC(Mödravårdcentraler:母性保健センター)の担当である。
http://www.mamamia.se参照。
MVCは、地域の保健所に併設されている場合(Mödrahälsovård)と、独立した施設の場合がある。
詳しくは電話帳のレッドページの冒頭の青いページのMödrahälsovårdの項を参照。
1. 妊婦健診
○妊娠がわかったら
妊婦健診はMVCで受けます。電話で助産婦さんと連絡をとり、予約する。
検診は8週以降でなければ受け付けてくれませんが、スウェーデンはベビーブームで助産施設は常に満杯なので、妊娠の兆候があったらすぐに1ヶ月以上先でも予約したほうがいい、とスウェーデン人助産師さんがアドバイスしてくれました。もし妊娠でなければ、キャンセルすれば良いだけです。

○検診頻度・内容
どのくらいの頻度で健診を受けるかは助産婦さんの判断によります。月に1回くらいの頻度ですが、初期の検診は日本に比べると非常に少ないです。リスクのある妊娠は薬などで無理に継続させようとはしないような印象を受けました。
妊娠中に超音波検査を受ける機会が一度あるようです。
特に問題がなければ医師に会うことなく、出産を迎えます。
超音波検査の際には、ビデオを持参してお願いすると、有料でビデオに録画してもらえます。写真を購入することも出来ます。
(投稿情報)
20週までの検診は以下の通りです(Linkoping)
W8 生活習慣などの問診と注意
W11 既往歴の確認、血液/尿検査、内診
W13 超音波検査1
W18 超音波検査2(希望者のみ)
W20 心音を聞く、尿検査、血圧測定
W25で血液検査、W29で糖尿病の検査
その後の検診はW32,35,37,39,40,41...だそうです。
超音波の写真は50Krと張り紙がしてありました
○病院見学
民営のMVC(なお民営でも無料)では、見学がありました。
民営の病院BBストックホルムについて(http://www.bbstockholm.se/
ここ出産するためには、この病院が提携している助産施設で検診を受ける必要があります。östermalm, Gamla Stan, Fridhemsplan(2008年1月オープンしたばかり)にあります。

2. 出産 出産が近くなると MVC で病院のリストを渡されます。
陣痛が始まってから、リストから病院を選んで電話します。ベットが空いていて入院可能であれば病院へ来るように言われます。ベットが無ければ断られ、リストを見て次の病院に自分で連絡することになります。
BBstockholmでは、必ず受け入れてくれるベッド保証制度というのがありました。ただし、これは自分の行きたいときに受け入れてもらえると言う意味ではありません。陣痛が始まり、周期がある程度短くなっていなければ、行っても帰らされてしまうので注意が必要です。また、BBStockholmで扱っているのは、正常分娩のみなので、早産の場合など、他の病院で出産するように言われます。
なお、昼間と夜間では入り口が違うと思われますので、事前に確認しておくか、電話の際に、タクシーの運転手に何と告げればよいか聞くことをお勧めします。
出産後は、母子ともに問題なければ、初産は2泊、2人目以降であれば1泊です(病院、地域により異なるようです。)家族も一緒に泊まれますが、その分の宿泊料と食事代は取られました。
※冬の間は、子供の産院内への立ち入りが制限されていることがありますので、既にお子さんがおられる場合は、事前に病院に確認されることをお勧めします。

3. 産後 退院後、早い時期に MVC に電話連絡し、助産婦さんに予約をいれます。助産婦さんに最後の健診をしてもらいます。このとき赤ちゃんと一緒に行き、助産婦さんに見てもらいます。体重測定および病気の有無(4種類と聞いたが詳細不明)の検査のため採血があります。これで MVC は終了です。

4. 乳児健診 子供の健診はBVCで受けます。MVCと同様に電話で保健婦さんと連絡をとり、予約します。初回は、保健婦さんが自宅を訪問してくれます。どのくらいの頻度で健診を受けるかは保健婦さんの判断によります。

【スウェーデン生まれの子供に関する諸手続き】
※子供が生まれたことは、病院から自動的に税務署に連絡されますので、住民登録の必要はありません
※出産前に大使館に依頼をすると、出生届に必要な書類等一式をあらかじめ送付していただけます。

1)スウェーデンの税務署から、名前を登録するための書類が送付されてきます(パーソナルナンバーが記されています)ので、記入して返送します。(地域の税務署に直接持参しても、受け取ってはもらえますが受理はされません。そこから本部(?)に郵送してもらえるだけです。)
郵送トラブル等の懸念もあるので、当該用紙のコピーをとっておくと良いでしょう。

2)登録されたら(返送から1週間ほどかかるようです)、日本への出生届用のPersonbevisを2部取り寄せます。出生病院名と所在地の記載など、様式に指定がありますので、事前に大使館に確認してください。

3)出生届を大使館に提出。出生届2部(大使館にあります)、上記Personbevis2部およびPersonbevisの和訳2部(誰が訳しても良い)の提出が必要です。

4)日本で受理され戸籍が作られます(これに結構時間がかかります。数週間から2ヶ月とも言われています)

5)戸籍が作られたら、戸籍謄本を取り寄せ(大使館では手続きできませんので、直接本籍地から取り寄せなければなりません)、パスポート作成依頼の書類(一般旅券発給申請書)・写真と共に大使館に提出→1週間でパスポートが発行されます。
※在留届の提出の際に有効なメールアドレスがあれば、大使館から届出用紙をメール添付で送付してもらえます。ただし自分でA3に拡大コピーする必要があります(投稿情報)。

6)子供の滞在期間が3ヶ月を超える場合(厳密には90日でしょうか)、居住許可が必要です。発行されたパスポートとPersonbevisを持って移民局へ行き、居住許可(VISA)を発行してもらいましょう。


(補足・保険について)日本で健保に加入し、保険料を継続して支払っている場合、海外出産でも出産育児一時金を請求できます。請求用紙に「医師助産師の証明欄」と記載されている場合は、産院で出産証明書を発行してもらう必要がありますので、忘れずに頼んでおくと良いでしょう。市区町村長の証明でも良いとされている場合は、Personbevisでも代用できるのかもしれませんが、実際のところは不明です。

こんにちは。
先日妊娠が発覚しまして、来年の初夏に出産予定ですが、色々と届け出など知りたい事があります。
このページの内容は2006年の投稿になっていますが、何か変更点などありましたら、是非教えて頂きたいです。

もう一つ質問なのですが、「母子手帳」はどうなるのでしょうか?貰う事が出来るのでしょうか?

2010.10.05 15:02 URL | sayaka #E6duSBKA [ 編集 ]

母子手帳の件、解決しました。

新たな質問なのですが、分かる方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

子どもの出生届ですが、大使館を通さずに直接自分の本籍地の役場に出してもよいものでしょうか?
実家の両親にお願いしようかと思うのですが、どうでしょう?
ご経験ある方いらっしゃいますか?

2011.03.09 15:52 URL | sayaka #E6duSBKA [ 編集 ]

昨年11月に妻がスウェーデンで出産しました。(両親とも日本国籍=子供は日本国籍のみのケース)
手続きの流れは、居住許可カードの部分を除いて、上の【スウェーデン生まれの子供に関する諸手続き】のものから変更はありませんでしたが、一例として、出産後の諸手続きの具体的なスケジュールを紹介します。
書類はすべて到着翌日には送り返したのですが、年末年始を挟んだこともあって、日本のパスポートの入手まで2か月半近くかかりました。

分娩直後  助産師さんが分娩室のパソコンから税務署にデータを送信し、その場でパーソナルナンバーが発行される
出生3日後 名前を登録するための書類が税務署から、居住許可の手続きの案内が移民局から、それぞれ到着
  4日後 名前を登録するための書類を返送
        :
  22日後 名前の登録が完了
  23日後 税務署でPersonbevisの発行を申請
        :
  28日後 Personbevisが郵送で到着
  29日後 ストックホルムの日本大使館に出生届を発送
  30日後 税務署から、名前の登録が完了した旨の通知が到着
        :
  45日後 日本大使館に提出した出生届が日本の市役所に到着
        :
  58日後 日本の戸籍への記載が完了。日本にいる私の両親に頼んで日本の市役所で戸籍謄本を入手し、スウェーデンへ転送してもらう
        :
  63日後 戸籍謄本が到着。パスポートの申請書類を日本大使館へ発送

パスポートを受け取った後は、居住許可の申請のため、下の申請用紙(No.163011)とパスポートのコピーを移民局に郵送し、約2週間で「Arende om uppehallstillstand」が届きました。(両親とも日本国籍の場合は「Appendix -Family details MIGR 239011」と「Familjebevis」は不要。日本国籍者は申請手数料は無料。)
その後は日本から渡航する場合と同様に、permit unitのある移民局へ本人を連れて行き、写真を撮影してもらって居住許可カードの申請し、約1週間後に郵送にて受け取りました。居住許可の期限は、両親の期限と一緒でした。


(移民局HPの、新生児の居住許可手続きに関する案内)
http://www.migrationsverket.se/info/3201_en.html

(新生児の居住許可の申請用紙(No.163011):Application for residence permit to settle in Sweden - for a child under the age of 18)
http://www.migrationsverket.se/download/18.51d465a612bb43eca6480003590/blbosbarn_163011_en.pdf

2012.03.11 21:27 URL | マイティー #yl2HcnkM [ 編集 ]

2013年10月の初旬にLinköping市内で出産致しました。(両親とも日本国籍のケース)

【スウェーデン生まれの子供に関する諸手続き】およびマイティーさんのコメントのお陰様で、スムーズに出産・手続きができました。ありがとうございます。

私たちの場合は陣痛か破水かよく分かっていませんが、なんらかのお印があり大学病院に連絡しまして一度行くも陣痛の間隔がまだ長いので一旦帰り、次の日に再度行くもまだ陣痛の間隔が長いから再び帰らされ、三度目にしてようやく分娩室への入院のOKがでました。その結果、最初の反応からまる3日目にして産まれました。


以下、マイティーさんの表記を参考にしまして私たちの場合のものを以下に表記致します。

分娩直後 助産師さんが分娩室のパソコンから税務署にデータを送信し、その場でパーソナルナンバーが発行される
5日後 名前を登録するための書類が税務署からお昼頃自宅に到着。その日の内に税務署に直接提出。
16日後 名前の登録が完了しましたとの通知が自宅宛に郵送。
17日後 PERSONBEVISの発行をお願いしに税務署(Skatteverket)へ。その場で発行。
*PERSONBEVISの発行に関して。
スウェーデン大使館のホームページでダウンロードした書類には、目的の欄には「大使館提出用」、出生地および病院名を記載とのことでした。このようにお願いするとその場では出来ないため電話でお願いし1週間程度待つ必要があるのですが、大使館の方に問い合わせたところ、目的は別に「大使館提出用」という表記でなくてもよいとのこと。さらに出生地の表記は病院での出産に関する書類(施設名と住所が書かれたもの)を添付してもらえればよいとのことでした。私たちの場合は、入院中に頂いた赤ちゃんの血液検査等の結果に病院の情報が記載されていましたので、その書類を含めて病院からもらった書類のコピーを全て添付しました。税務署でその場で必要部数発行してもらい、Skatteverketの印鑑と担当者の方のサインを各1部3枚綴りの各ページにして頂きました。ただし、1部辺りいずれかのページにスタンプとサインがあればよいとのことでした。その時によって大使館側の対応も変更する可能性もありますので、事前に大使館に問い合わせすることをオススメ致します。
18日後 出生届・PERSONBEVIS・PERSONBEVISの日本語訳を各2部ずつおよび出生場所を
証明する添付書類を同封して大使館へ郵送。
* 日本語訳について。日本語訳の際県、街、住所をカタカナ表記にしなければならなのですが、正しいカタカナ表記はなく翻訳者個人個人が思った訳でいいそうです。ですので、例えばLinköpingを“リンシェーピン”“リンショーピン”“リンショーピング”のいずれでもOKということです。
約20日後 移民局から移住許可(VISA)に関する案内が自宅に到着。
約20-30日後 育児手当に関する書類が自宅に到着。育児手当に関する書類を税務署に提出。
41日後 両親にお願いして戸籍謄本が載ったことを確認してもらったところ。41日目にのったとのこと。すぐに両親に代理人として戸籍謄本の取り寄せもらう。
* 大使館に出生届を出した際事前に在スウェーデン日本大使館に連絡をして確認をしていたお陰もあり特に不備なく戸籍謄本への手続きが完了しました。戸籍謄本については、アメリカの場合ですと多くの方がなされているようなのでいろいろと情報がありましが。スウェーデンの場合ですと事例が少ないため調べてもなかなか情報が得られませんでした。また、私の本籍がある市は島根県の田舎の市ですので人口が多い市や街にくらべて海外在住の方への戸籍謄本の取り寄せ方法などがホームページには記載されていませんでした。そこで、両親にお願いして本籍のある市役所に問い合わせてもらったところ、可能ではありますが、代金・手続き等の問題で代理人経由の方が早いとのこと。でしたので、両親に代理人として戸籍を取り寄せてもらいました。その際に必要な書類は、申請書、代理人の身分証明書(運転免許証など)、450円定額為替(×必要部数分)そして返信封筒です。区や地町村によって若干異なることがあるかと思いますので、その都度各市町村に問い合わせて頂いた方がいいかと思います。

48日後 戸籍謄本が自宅に到着。その日の内に旅券発行申請書を大使館へ送付。
* 旅券発行申請書は事前に、出生届けと同時に旅券発行申請用紙の取り寄せ用紙を送付して、事前に取り寄せておきました。1週間もすれば送られてくるかと思います。旅券に必要な写真は、写真屋さんで撮ってもらうとう選択肢もありますが、私たちはiPhoneで撮った写真を、http://freedpe.com/で証明写真のように加工しました。それを写真屋さんでプリントアウトしてもらいました。1枚20~30SEKかかりました。大使館から連絡があり、ただ一度送付した写真の顔が大きくて規定の枠に収まらないと言われたので、もう少し遠くから写真を撮り直しすぐに再送付しました。

54日後 大使館へパスポートを取りに。
* パスポートを取りに行く前に事前に大使館から連絡があり、いつ取りにこられるか聞かれました。申請書を送ってから早ければ1週間もかからないうちにパスポートを発行してもらえます。ちなみに2013年4月以降のパスポート発行料金は500SEKでした。現金のみの取り扱いで、パスポートと引き替えに支払いました。赤ちゃんは顔の変化が大きいので5年のものしか発行できませんが、大人の方で更新する場合などは10年のもので1000SEKです。この金額は、レートによって毎年変わるようです。

55日後 Migrationsverketに移住許可申請書を送付。
* パスポートを取得してから翌日移住許可申請書を最寄りのMigrationsverketに送付しました。マイティーさんコメント通り、No.163011の“Application for residence permit to settle in Sweden- for a child under the age of 18”をMigrationsverketのホームページからダウンロードし、パソコンで記入できるようになっていましたので、必要事項を予め記入しておきました。マイティーさんの記事通り、日本人同士の夫婦の場合は“Family details MIGR 239011”の書類は必要ありません。また、料金は日本人の場合発生しません。

74日後 Migrationsverketより移住許可取得。移民局のHP上でPermit card発行手続きの予約。
* マイティーさんのコメントによりますと、2週間程度で申請の許可が下りた手紙が届いたと書いてありましたので、私たちも2週間が経ちそろそろと思っていましたが全く便りがなく、移民局に電話やメールをしました。しかし、電話は”All lines are busy”と言われ全く繋がりませんでした。幸いメールの返信が来まして、申請書を提出してから丸3週間後に申請が下りました。。メールの内容に従いまして、管轄している移民局でPermit cardの発行をしてもらうため、写真と指紋を撮ってもらう予約を移民局のサイトで行いました。ただ、予約が一杯で早くても1ヶ月後でした。。カードが発行される頃には3ヶ月以上経ってしまうのですが、移住許可は既に下りており、私たち夫婦と同じ期日なのは分かっていますので、ひとまず安心しましました。

約108日後 MigrationsverketにてPermit card発行のための写真撮影
* 上記にありますように、許可が下りてから予約をHP上でしていましたので予約の日に私たちの街を管轄しているMigrationsverketに行きました。私たちの場合はNorrköpingにあるMigrationsverketです。そこで、予約時間前に行き、名前が呼ばれるまで待っていました。名前が呼ばれたら、写真撮影の場所に行き、親が抱えた状態で写真を撮りました。私たちの際は写真と指紋も採られましたが、赤ちゃんの場合は写真のみでした。所用時間は5分程度で終わります。

約115日後 前日発行手続きをしたPermit cardが自宅に到着。
* 私たちの場合はさらにID cardが必要になりますが、あかちゃんの場合は例えば銀行などで口座を作る必要はないので、今のところID cardは必要ないとのことでした。病院や旅行に行く際にパスポートがあれば大丈夫とのことです。

もし何か質問がありましたら、shinichi.nakano0912(a)gmail.comまで連絡を頂ければと思います。*(a)の部分を@に変更する必要がありますのでご注意ください。

2014.01.21 10:26 URL | shin #TYWHC5S2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/117-53b2c2b8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。