スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

☆日本人補習校HPができました☆(2008年3月)
http://heartland.geocities.jp/japanskaskolan11854


日本人教師(文部省派遣教員を含む)11名による日本の教科書(無料配布)を使った授業で,運動会・遠足・学芸会もあり,小学校1〜6年,中学校1〜3年,日本語クラスがある.
毎週土曜日のみ開校し,教室は市内の学校を借りて行われる。
現在の校舎は、Stockholm International School(Johannesgatan 18).

入学金は750kr。
授業料は学期ごとの分割納入。
小1ー2;3046kr(576,1081,633)
小3ー6;4270kr (1186,2016,1068)
中1ー3;4558kr (1266,2152,1140)  【2008年度】
 日本人補習学校への入学は義務ではない.

“補習学校の経営主体は日本人会などが中心となる運営委員会であり(補習学校に入学すると自動的に日本人会に入会することになる),日本政府は経営責任を負わない.すなわち,日本国憲法が保証する義務教育ではない.なぜなら日本国外には日本の主権が及ばないからである.ただし,日本政府は海外の邦人子女に対して義務教育に近い教育が受けられるように配慮している(財政的援助,教員の派遣,教科書の無料配布など)こともあり,公立に近い性格も有している.”-補習校の案内より

 私の地元の教育委員会と小学校長に確認したところ,日本に帰国する際に,この補習校の通学証明(在学証明)は不要とのこと.理由は日本の法律で定めた公立・私立の学校では無いため.結局,入学させるかどうかは親の判断で決めるべき事.補習校の先生は熱心な方なので相談するのも良いと思われる(平日の午後は,文部省派遣教員が事務所にいる).
なお,財団法人 海外子女教育振興財団の主宰する通信教育のことも相談できるとのこと.
事務所:Högbergsgatan 68, 118 54 Stockholm
    TEL & FAX: 08-640-3313(火~木10:00~12:00、14:00~16:00、金10:00~12:00)
 ☆ E-mail : japanskola.sthlm@tele2.se(2008年5月に変更しました)  
スカイプID:japanskaskolan













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/115-d53e5d6a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。