スウェーデン生活の手引き/デジタル佐藤メモ blog version

長期滞在のための情報サイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【スーパーが郵便局代わり】
スウェーデンでは郵便業務改革がおこなわれ、一般郵便業務(郵便発送、受取)はスーパーやガソリンスタンドに移管されています。これまでの郵便局での一般郵便業務は廃止され、個人では国際書留・速達などを出す場合、または速達などの特別郵便の受取(ID確認が必要なもの)。企業向け郵便と郵便貯金業務のみ扱うようになっています。最新の情報は、郵政省のホームページを参照してください。
郵便局のURL:http://www.posten.se(スウェーデン語・一部英語)


【荷物の受け取り】
速達便、ビジネス便、書留、小包は連絡の通知書がくるので指定された場所に取りに行く(家まで届きませんので注意).パスポート、IDなどの身分証明の提示を求められることもある.
(※家まで運んでもらう手数料は、ストックホルムから1時間以内で1件、500krぐらいだそうです。)
※荷物の配送裏ワザ!?(投稿情報)
多くの方の職場宛のSAL便を含む荷物は、郵便取扱店止めではなく職場まで届けてもらえていると思われます。
もし自宅・職場・郵便取扱店の距離が、[自宅ー職場]<[自宅ー郵便取扱店]ならば、自宅用荷物の宛先を職場としてしまうのも一法だと思います。日本から渡航する際の荷物を送る場合、こちらの住所が決まったら、その住所での最寄り郵便取扱店がどこになるかを同じ住所の日本人などに確かめておくことができると、上記の方法を使った方がいいかどうかの判断材料になるかと思います。
※誤配送(投稿情報)
再配送を依頼することはさらなる誤配送や紛失の危険性を確実に高めるのでじっとがまんして数十キロ先まで取りに行くことをお勧めします。正確な配達は郵便番号を間違いなく読んでもらえるかどうかで決まりますので、特に注意してください。数字の7は日本ではカタカナのワのように書くことがあると思いますが、9と読まれることが多いので、カタカナのフのように書き最後にクロスを入れる、カタカナで言うとヌのように書くと良いでしょう。

※紛失(投稿情報)
日本から送った荷物が行方不明になった場合などは、Postenへ問い合わせるよりも、一見まわりみちに思えるかもしれませんが日本の郵便局に調査と対応を依頼する方が確実です
http://www.post.japanpost.jp/int/question/18.html

【荷物の追跡】
Postenのトップページ(http://www.posten.se)を英語表記に切り替えて、
[Track your parcels and pallets]をクリックしてあらわれるページ
http://www.posten.se/tracktrace/TrackConsignments_do.jsp?lang=GB
の空欄に Item ID (Number) を入力しても(スウェーデン語表記のページと)同様に、荷物の現在地および経由地の通過時刻などをチェックすることができます。
ICAなど郵便業務を委託されている店でもItem Numberがわかれば同様の「所在地チェック」をしてもらえます。


日本からの郵便物は(EMSもSAL便も)郵便局HPで追跡可能。チェックをできるようにするために、日本の親類などに荷物を送ってもらう際には、発送伝票の控えを必ず取っておいてもらい、Item Numberを教えてもらっておくことをお勧めします
http://tracking.post.japanpost.jp/service/jsp/refi/DP311-00100.jsp

【郵便物の発送】
郵便料金表は請求すれば無料でもらえる.国内は普通便はA と記載、エコノミー便(少し日数がかかる)はBと記載する.
ポストは青が地区内(ストックホルムなど大きな市は市内)、黄色はそれ以外(国際郵便を含む)。
切手は郵便業務を委託されている機関以外でも『Frimärken』というシールが入り口に貼ってあるキオスクなどでも買える.
小包は10キロまでであれば、エコノミー航空便の"Kartong med porto utrikes"(サイズ520x320x123 mm、旧称Sverige Packet)が割安。郵便局であらかじめ箱と伝票を購入し、いったん持ち帰って中身を詰め、あらためて窓口に持ち込む。
それ以外の小包は、最大20キロまで送れる.料金表はPostenHPのPorto & prisを参照(サイズの上限は長さ1.5メートル以内、長さ+周囲が3メートル以内)。)

【日本から小包を送る】
○船便
荷物の重さで値段が決まる。船便小包で送る場合、一箱あたり30㎏が上限。そして、一つの段ボールに30㎏ギリギリまで入れた方が、小さく分けるよりお得です。

○SAL便
「EMSやAirMailを航空機の貨物室に全部積み込んだあとの空きのスペースを利用する」というサービス。船便よりは早く、EMSよりは安価なので、それほど急がない荷物を送る場合に有用。
※平均日数はこちらで確認可能。http://www.post.japanpost.jp/int/deli_days/parcel/index.html

○EMS,そのほか専門業者
荷物の重量によっては航空便よりも安価であることと通関がスムースであることが特徴としてあげられます。保険もかけられる。
共同研究でやりとりする重要なサンプルはワールドクーリエ等専門業者に依頼することが必要です。

【関税について】
荷物を送る場合・Giftとして送る、あるいは・新品に見えないようにするなどの工夫をした方がよいようです(つまり「商品」と認識されないようにする)。
慣れない場合、郵便局で税関への申告用紙を貰って、家でゆっくり書かれることをお勧めします。

スウェーデンの関税システムはEUに準ずる。
http://www.jetro.go.jp/world/europe/se/trade_03/#4
EUの免税品に関しては以下のページの一番下のPDFファイル参照。
http://www.jetro.go.jp/world/europe/eu/trade_03/
※「関税の免除」の留学生に関するものとして、EU域内への留学生の衣服、勉強道具および家具。
価額が150ユーロ以下の積送品(アルコール類、煙草、香水、オードトワレを除く)となっている。
※(投稿情報)留学生は年に一度家財、勉強道具(パソコンなど)、衣類を免税で送ることができるそうですが、提出必要書類があります。
http://www.tullverket.se/en/startpage/keywordsaz/az/studentsbelongings.4.4d3e1f4411de722abc98000777.html
この免除について、帰国の時は免税になるのかがわかりません。
また、年に一度、二箱を同時に送った場合、二箱とも免税になるかどうかがわかりません。
※(投稿情報)日本で二十万以上の品物を発送・受理する場合には日本の税関にも申告する必要があります(ただし贈答品を除く)
帰国時には、旅行者の携行品についても持ち物の合計金額が20万を越えると申請の必要があります。(この場合は海外で新たに購入したものだけだと思いますが分かりません)
また、20万円のものを二箱同時に送った場合、どうなるかがわかりません。
日本において留学生の荷物や勉強道具が免税になるかどうかもわかりません。
http://www.customs.go.jp/tsukan/yubin/yubin210216.htm
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/keitaibetsuso/nyukoku/mokuji-nashi7.files/005nyukoku7104-2_jr.htm







http://www.tullverket.se/en/startpage/keywordsaz/az/giftssentfromforeigncountries.4.4d3e1f4411de722abc980001987.html
こちらのページに
同一家族内の三名分のgiftをまとめて一箱で送った場合の
関税とVATのかけかたの例が示してあります。

一人の贈り物に関して、
500SEK (45 euro)以内のものであれば
無税で贈ることができるようですね。
500sek以下のものであっても
一人につき500sekの制限を超えてしまったら課税対象なんですね。

なので高い贈り物を送るとなると
やはり関税とVATが発生してしまうのですね。

2009.06.19 19:35 URL | chaa #a/08qhEc [ 編集 ]

近所の郵便局では普通郵便の発送業務をしてくれるのですが、制度が変わったのでしょうか?

EMSに関しても自宅まで宅配されたというお話も聞きますが、一方で郵便局(スーパー)留という方もいらっしゃるようです。最近経験された方、いかがだったでしょうか。

2009.09.15 21:38 URL | Kai #- [ 編集 ]

09年9月に日本からEMSで荷物をおくってもらったところ、自宅に届けてくれましたよ。
ホームステイのような形でこちらに在住の方の家に住まわせて頂いているのですが
その方のお話だと、荷物が届いたときに不在だと近くの郵便局にもっていかれるので
とりにいかなくてはいけないそうです。
荷物が大きければ(基準はわからないそうですが)遠くの郵便局にもっていかれるとおっしゃっていました。

2009.09.17 08:41 URL | nakagawa #- [ 編集 ]

nakagawaさん、ありがとうございます。
実はつい最近自分で実験(!)してみました。
日本から書籍を取り寄せ、朝7時に配達にきたのを一度無視したところ、スーパーマーケットに留め置きされました。(スーパーと自宅の間に郵便局があるのですが)
これが重いものだったら大変でした。

今度日本から引越しの荷物をEMSで送ろうかと思っているのですが、受け取り損ねると大変なことになりそうですね。

2009.09.18 16:52 URL | Kai #- [ 編集 ]

周知の事実かもしれませんが、日本の医薬品が入った荷物をEMSで日本に住む両親に送ってもらった所、
Sweden does not accept import of 
pharmaceutical products
according to the
Int. Bureau Circular 307,2008
とのメッセージとともに日本に送り返されてしまいました。日本の医薬品が必要な人は、工夫が必要です。(封を開けるべきだったのかな。。。)

2010.01.27 07:21 URL | kudamatsu #el1ariU6 [ 編集 ]

液体物についての質問です。
化粧水を日本の家族からEMS便で送ってもらいたいな、と考えているのですが、液体はダメ、などのルールはスウェーデンにはあるんでしょうか?
経験のある方、お分かりの方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

2010.08.11 19:59 URL | sayaka #E6duSBKA [ 編集 ]

sayaka さんへ

日本からではありませんが1週間程前にヨーロッパ圏外の国からEMSで基礎化粧品(200ml容量の化粧水含む)一式を送ってもらいました。すべて新品でしたが外箱などは廃棄してもらって中身だけ送ってもらいました。
その際内容量の総額欄に400ドルと記載してあったのですが課税対象にならなかったのでしょうか?不明です。
またEMSでしたが自宅には届かず、最寄りのICAでの受け取りでした。ちなみに地域はストックホルム市内です。

2010.08.16 06:44 URL | ea #iZqUDlbA [ 編集 ]

eaさま

体験談、ありがとうございました!
チャレンジしてみる価値はありそうですね。
今度実家に頼んでみます。

2010.08.19 09:26 URL | sayaka #E6duSBKA [ 編集 ]

お聞きしたいことがあります。
日本から何か荷物が届いた知らせと同時に、Arlanda Postenから742クローナ払えという紙きれが届きました!!
どうやら荷物に税金をかけられたみたいです。
私はびっくりして母にメールで聞きました。

誕生日のプレゼントとしてバッグを送ってくれたようです。アウトレットで買った3万円ほどのバッグだそうです。
私には内緒でEMSで保険まで付けて・・・送料は1350円程したそうです。

荷物なんて送ってもらったことがないので税金がかけられたことがショックでまだ取りに行っていません。
742ククローナ・・・
逃れる手段はないのでしょうか。日本から荷物送ってもらってる人は税金払ってるのですか?
プレゼントとして贈られてきたものに税金を払わなくてはならないなんて、ショックです。

2010.09.18 10:45 URL | peterpan #- [ 編集 ]

peterpan様
私も以前日本から贈られた荷物に関税2100KRかけられたことがあります。
税務署に電話したところ、とりあえず、お金を払って荷物を受け取り、荷物についている受け取りNOをもう一度電話して伝えます。そして、電話先の人が伝える住所に中身の写真と送り状の写真を抗議文とともに送付しました。1ヶ月ほどたってから、お金は戻ってきました。が、手数料として600KRとられました。まず、荷物を取りに行く前に税務署に電話をかけられることをおすすめします。

2010.09.22 09:08 URL | pp #- [ 編集 ]

国際返信切手券(IRC:International reply coupon)についてご存じの方がいらしたら教えて下さい。
日本で在籍していた大学に卒業証明書などを発行してもらいたいのですが、海外から申請する場合、上記の国際返信切手券を手数料分用意して、大学へ郵便で申請するように言われました。スウェーデンで国際返信切手券を入手することは可能でしょうか?

2010.09.26 12:03 URL | Yuret #dlEBGshU [ 編集 ]

スウェーデンではありませんが以前yuretさんと同じ事情で国際返信切手券を他国の郵便局で購入した事があります。購入の際現地語でなんと呼ばれているのかがわからず英語でIRCくださいという風に言った所、しばらくわかってもらえませんでした。(涙)
結局は購入出来たのですが、購入する際に郵便局ごとにIRC数が決まってるので一つの郵便局ではそのクォータ内の数量しか購入出来ないらしいです。なのでyuretさんが必要な金額分のIRCは何枚になるかまず想定して市内の一番大きい郵便局から当たってみると良いと思います。
日本でIRCは130円分の切手と交換出来るので私はそこから必要枚数を計算し、20枚程必要だったので一つの郵便局では購入できず、計3つの郵便局をはしごして必要な枚数をゲットしました。
以上参考になれば幸いです。

PS. スウェーデン語ではinternationell svarskupongというそうです。

2010.09.29 04:08 URL | aswed #- [ 編集 ]

アドバイスありがとうございます。
Arlanda Postenに電話をし、家族間のプレゼントだと説明をしました。それから一週間後に関税なしで荷物を受け取ることができました。

2010.10.09 11:28 URL | peterpan #- [ 編集 ]

今日、船便の荷物を日本からスウェーデンに向けて送りました。スウェーデンへの船便は、30kgではなく20kgだそうです!
http://www.post.japanpost.jp/cgi-kokusai/country.php?cid=184
お気をつけください。 私は21.5kgいれていたので、何重にもしたガムテープをはずして荷物をへらし苦労しました。
なお、最寄も郵便局に電話すると集荷にきていだけます。

2011.04.16 13:28 URL | ビバ #- [ 編集 ]

ストックホルム在住のtatsurogです。自分宛に日本から送ったEMSが無事アパートまで届けられました。土日をはさんで5日で届きました。受け取り損ねると指定されたスーパーへ取りに行く必要があるのかもしれません。

2012.01.24 03:56 URL | tatsurog #ywW7zt0k [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swedeninfo.blog59.fc2.com/tb.php/101-fbcebf31

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。